多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

土岐市妻木町へ屋根外壁塗装の下見に行ってきました


土岐市妻木町へ屋根外壁の下見に行ってきました。お家は瓦屋根とスレート屋根の二つにわかれています。一般的に和瓦は塗装しなくてもよいとされていますが、スレート屋根は定期的な塗装が必要となります。こちらのお宅でもスレート屋根の塗装がかなり劣化しているのが見られました。では、実際にどのような状況だったか見ていきましょう。

屋根の塗装が薄くなっています

屋根に使用されているスレート材の塗装が劣化して色が薄くなっているのが確認できます。塗装が劣化することで、美観的な役割も損なわれますが、防水機能も低下してしまうので、塗装をすることが定期的なメンテナンスとなります。本来持つ機能、役目がしっかりと発揮されていることでお家も長い間住むことができるので、身体と一緒でメンテナンスは大切なんですね。

屋根にコケが生えています

屋根材にコケが生えています。これも屋根材が劣化しているために起こる現象です。こういった症状が見られたらメンテナンスの時期だと思っていただけるといいかと思います。

板金の釘が飛び出ています

屋根の板金を止めている釘が飛び出ています。こういった釘が飛び出たところは塗装時の下処理として再度中に打ち込みます。釘が飛び出た穴から湿気が家の中に入り込んでしまうので、大切な作業の一つなんですね。

こちらもコケです

屋根にコケが生えていますね。コケが生えていることも屋根材が劣化している証となります。あなたのお家はどうでしょうか。

庇が錆びています

板金がかなり錆びていますね。錆はどんどん広がってしまいますので、塗装時は錆を固めてその上から塗装を行いたいと思います。

何の穴でしょうか

以前何かがこちらに付いていたのでしょうか。穴が空いたままになっています。こちらはコーキングで穴を塞ぐ処理を行います。

今回もしっかりと下見をさせていただきました。下見の内容を元に、適切な塗装のご提案をさせていただきたいと思います。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 多治見市根本町でベランダのリボール式防水工事をしています。

多治見市根本町でベランダの床の防水工事をしています。リボール式防水工事です。写真は、プライマーをローラーを使って丁寧に塗っています。プライマーとは、ベランダの床と防水材とがより密着しやすいようにしてくれるものです。お化粧でいう、”下地”と一… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多治見市脇之島町で防カビ材を混ぜて、外壁の塗り替えをしました

多治見市脇之島町で外壁の塗り替えをしています。今日の工程は上塗りです。外壁の塗り替えとしては、いよいよ最終段階です。上塗り材は2回塗り重ねることで、塗膜が厚くなり、より防水効果が高まります。塗料自体の機能もさらに効果的になります。こちらのお… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多治見市脇之島町で汚れが雨で洗い流せる塗料で塗り替えです。

外壁の塗り替えをしています。今日の工程は、中塗りです。軒天と外壁との取り合いにマスキングテープを貼って、軒天に外壁の塗料が付かないようにしていきます。マスキングテープは、貼っても綺麗に剥がせるテープです。マスキングテープに浮いているところが… 続きを読む