多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

多治見市脇之島町で屋根を無機顔料のフッ素、外壁を超低汚染シリコンにて施工


以前、他社で屋根と外壁を塗装されました。が、屋根の塗膜の剥がれなどが酷く、後悔されていました。

今回は絶対に失敗はしたくないとの思いが強い中、当社に御相談を頂くこととなりました。

ありがとうございます。

ビフォーアフター

before
今泉邸、施工前
arow
arow
after
今泉邸、施工後  

工事基本情報

施工内容
外壁塗装 屋根塗装 シーリング打ち替え その他 
使用材料
屋根はスーパー遮熱サーモFフッ素、外壁は超低汚染リファインSIシリコン
築年数
28年
施工期間
15日間
保証年数
10年
建坪
37坪
ビケ足場と飛散防止ネット設置

多治見市脇之島町に当社のイメージシートが掛けられました。

少し、色が落ちてきているのかなと感じるくらいにボヤケテきてます。

私達の歴史です。

工事関係者以外立ち入り禁止看板、設置

工事関係者以外の方の立ち入りはお断りさせて頂いております。

その為にも、こういった看板を立てさせてもらってます。

バイオ洗浄です

バイオ液を投入しています。

洗浄には、一般の高圧水洗浄は、もちろん、しっかりと行います。

それとは別にバイオ液を使用します。

スレート屋根の洗浄です

屋根の洗浄が終わりました。

既設の塗膜が吹っ飛んで、真白色になってます。

外壁の洗浄です

外壁のサイディングボードも洗浄、終わりました。

使用する塗料缶の一部です

この現場で使用する塗料缶です。

屋根から説明します。

屋根の下塗り材は、アステックペイントさんのサーモテックシーラー

屋根の中塗り、上塗り塗料は、アステックペイントさんのスーパーシャネツサーモFフッ素

縁切りのタスペーサー

屋根の棟の板金に使用する、サーモテックメタルプライマー(錆止めです)

外壁は、下塗りが、アステックペイントさんのサーモテックフィラー

外壁の中塗り、上塗りがアステックペイントさんの超低汚染リファインSIシリコン

軒天井が、アステックペイントさんのマルチエースⅡ

付帯部が、アステックペイントさんのマックスシールドSI-JY

シーリングの打ち替えにオートンイクシード

を使用します。

この使用する塗料缶を、このように、全部、一度にお持ちします。

そして、キチンと説明させて頂きます。

屋根の縁切りを行いました

屋根にタスペーサーを取り付けます。

機器を使用して、コロニアルを持ち上げます。

そして、タスペーサーを押し込みます。

新型タスペーサー取付け

縁切りの部材である、タスペーサーを押し込んでます。

この上に、屋根の下塗り材を塗ることにより、固着されます。

古くなった既存のシーリング材の撤去

外壁の目地のシーリング材の打ち替えを行います。

旧の、古いシーリング材をカッターを入れてカッティングします。

そして、このように、引っ張りだします。

シーリング材を施工する時に、正常な施工の仕方がやってあれば、取り出すのも簡単に取り出せます。

これが、正常な施工がやってないと、簡単には取り出せません。

養生テープを貼ります

古いシーリング材を撤去した後に、目地に沿って紙テープを貼っていきます。

この紙テープも大事な役割を果たします。

オートンイクシード専用のプライマーを塗布します

プライマーを塗っていきます。

オートンイクシードを充填

新しいシーリング材を打設します。

このシーリング材は非常に大事な役目を果たします。

いつまでも柔らかい状態であると、サイディングボードが揺れた場合も、このシーリング材が伸びたり縮んだりして、収縮します。

そして、湿気の侵入を許しません。

これが、シーリング材が硬くなってくると、サイディングボードの動きに追随できなくなります。

そして、目地から家の中に湿気が侵入することになります。

目地シーリングの打ち替え、完了

目地の紙テープを剥がした後の状態です。

綺麗にラインが出ています。

玄関ドアの養生です

ペンキが付いては困る箇所をビニールで養生していきます。

塗装が完了した後で、このビニールを剥がします。

そうすると、塗装をする必要がない箇所が、元の状態で出てくることになります。

軒天の1回目塗装です

軒天井を塗装します。

元々、この軒天井には、この写真のように穴が開いています。

軒天井には湿気が溜まりやすい為、ケイカル板にも穴が開いています。

湿気を逃がすための穴です。

そこに塗料を塗って綺麗にするために、この使用する塗料も湿気を通しやすい塗料に作られています。

軒天の2回目塗装です

家の裏側の軒天井も塗っていきます。

塗っている色目は、日本塗料工業会の色目の品版でいうと、N-87になります。

白い色に少し黒色が入っていますが、足場を外して、下から見上げると真っ白色に見えます。

白色もいろんな色目がありますが、品のある良い色目です。

外壁の下塗り1回目塗装です

外壁のサイディングボードに下塗りを行っています。

1回目は、アステックペイントさんの透明のエポパワシーラーです。

塗ると、外壁にツヤが出ます。

外壁の下塗り2回目塗装です

外壁の下塗り、2回目を行います。

2回目に使用する塗料は、アステックペイントさんのエピテックフィラーAEです。

これは、白い色で、乳液タイプです。

最初のエポパワシーラーもそうですが、傷んだサイディングボードに浸透して、外壁の痛みを補修する能力があります。

なるべく、補修した状態で、中塗りへと繋ぐ格好になります。

外壁の中塗り塗装です

外壁の中塗りを行います。

使用する塗料は、アステックペイントさんのリファインSIシリコン塗料です。

超低汚染とうたうだけあって、汚れが付きにくい塗料です。

汚れが付きにくい分、遮熱の能力も維持できます。

それで、いつまでも、綺麗な状態が長続きします。

外壁の上塗り塗装、完了です

中塗りが完了しました。

外壁の中塗り塗装です

外壁は、2色使いです。

もう一色の濃い色を塗っていきます。

外壁の上塗り塗装、完了です

濃い色目の中塗りが完了しました。

上塗り塗料缶に防カビ剤投入です

上塗りの塗料缶に防カビ剤を入れます。

この防カビ剤は非常に優秀な防カビ剤です。

カビ、苔、藻、にもいろんな種類があります。

それらのほとんどに、効果が期待されます。

外壁の上塗り塗装、完了です

薄い色目の方の上塗りが完了しました。

上塗り塗料缶に防カビ剤投入です

上塗り缶には、防カビ剤を入れます。

このアステックペイントさんの、この防カビ剤は非常に優秀な防カビ剤です。

カビにはいろんな、或いはたくさんのカビ、細菌、藻類、があります。

それらの703種類のカビ、細菌、藻類に対応します。

こんなに沢山の種類に効果を発揮できるのは、他にはあまりないと思われます。

こんなにも沢山のカビ、細菌、藻類、等に効果が発揮できるにもかかわらず、身体にも環境にも優しい防カビ剤です。

外壁の中塗り塗装、完了です

濃い色目の方の上塗りが完了しました。

屋根の下塗り1回目塗装です

屋根の下塗り、1回目を塗ります。

下塗りが、1回だけだと、屋根材が、まだ透けて見えます。

屋根材のコロニアルが、下塗り材を吸い込んでしまうためです。

屋根の下塗り2回目塗装です

屋根の下塗り、2回目を塗ります。

下塗り材を2回、塗ると、このように真白色になります。

下塗りを塗る場合は、これくらい、真白色にならないと、下塗り材としての役目を果たすことはできません。

これは、非常に重要なポイントです。

当社の職人だから、できることです。

下請けに丸投げにしているようなところでは、難しいですね。

屋根の中塗り塗装です

屋根の中塗りを行います。

屋根の中塗り塗装です

屋根の中塗りが完了しました。

屋根の上塗り塗装です

屋根の上塗りを行います。

屋根の上塗り塗装、完了です

屋根の上塗りが完了しました。

屋根の仕上げ塗装です

屋根が綺麗です。

非常に良い感じです。

見事ですね。

たて樋、2回目塗装です

雨樋などの付帯部の塗装に入ります。

破風板、軒樋、竪樋、出窓の屋根板金、幕板、小庇、水切り、付帯部も一杯あります。

これらを順番に塗っていきます。

軒樋の塗装です
集水口の塗装です

軒樋、破風板、鼻隠し、を塗っていきます。

2液の油性の最高級の塗料を使用しています。

油性の塗料は粒子も細かく、密着も良くなります。

付帯部の塗装が完了しました。

塗装工事も完了です。

社内チェック、御主人様とのチェックを行います。

指摘をもらわないように、最善の状態でお届けします。

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン 多治見市根本町でベランダのリボール式防水工事をしています。

多治見市根本町でベランダの床の防水工事をしています。リボール式防水工事です。写真は、プライマーをローラーを使って丁寧に塗っています。プライマーとは、ベランダの床と防水材とがより密着しやすいようにしてくれるものです。お化粧でいう、”下地”と一… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多治見市脇之島町で防カビ材を混ぜて、外壁の塗り替えをしました

多治見市脇之島町で外壁の塗り替えをしています。今日の工程は上塗りです。外壁の塗り替えとしては、いよいよ最終段階です。上塗り材は2回塗り重ねることで、塗膜が厚くなり、より防水効果が高まります。塗料自体の機能もさらに効果的になります。こちらのお… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 多治見市脇之島町で汚れが雨で洗い流せる塗料で塗り替えです。

外壁の塗り替えをしています。今日の工程は、中塗りです。軒天と外壁との取り合いにマスキングテープを貼って、軒天に外壁の塗料が付かないようにしていきます。マスキングテープは、貼っても綺麗に剥がせるテープです。マスキングテープに浮いているところが… 続きを読む
多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に