多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 多治見市幸町、今の寒い時期、浴室のヒートショックを防ぐには?...

多治見市幸町、今の寒い時期、浴室のヒートショックを防ぐには?


「ヒートショック」は冬場の起きることが多く、1月の発生率は8月の11倍にもなります。温度の急激な変化により、血圧が大きく上下に変動することが原因で起きることで、急激な温度変化により、脈拍や血圧が上昇すると心筋梗塞や脳卒中を引き起こします。

ヒートショックを防止ポイントです。

<1.脱衣所を暖める>

寒い脱衣所で裸になると、急激に血圧が上がります。ストーブなどで暖房します。壁・床・天井の断熱性能を上げる。

<2.浴室を暖める>

暖房乾燥機を付ける。システムバスにする。窓を二重サッシにするなど、断熱性能を上げるのも効果的です。

<3.シャワーで湯煙>

浴室全体を暖めるには、脱衣する前に、熱めのシャワーを出しっぱなしにしておくのも効果的です。

<4.湯船のフタを開けておく>

入浴5~10分前から湯船のフタを開けて置き、湯気により浴室全体を暖める。

<5.温度は41℃以下にする>

熱いお湯は血圧の変動(血管の収縮)が大きくなる為、41℃以下のぬるめの設定にする。

<8.食事直後・飲酒後はダメ>

食後1時間以内矢飲酒時は血圧が下がる為。飲酒後は脱水症状にもなりやすく、注意力低下でじこが起きがちになります。

<11.急に立ち上がらない>

急に浴槽から立つと水圧がかからなくなり、血圧が急激に下がる。立ちくらみを起こしやすくなる。

 

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に