多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > コラム > 多治見市滝呂町で、屋根の現地調査、ここからチェックします!

多治見市滝呂町で、屋根の現地調査、ここからチェックします!


日頃から屋根の現地調査にお伺いさせて頂いております。屋根の現地調査では、どこをチェックするのか、工事内容や屋根材により違いはありますが、基本的に押さえておきたい項目をお伝えしたいと思います。

(1)屋根の勾配

屋根勾配には、緩勾配(3寸以内)、並勾配(3寸~5寸以内)、急勾配(6寸以上)があります。

屋根の勾配は屋根の面積を計算するためにも、また屋根材に選定においても重要な情報です。

急勾配になると、屋根足場が必要になります。ここも注意してチェックします。

(2)太陽光や温水器が設置されているか

太陽光発電や温水器が屋根に設置されている場合、工事で脱着の必要があれば仮置き場を確認する必要があります。またメーカーとの連絡が必要になってくることもありなので、品番を控えておくと良いです。葺き替え工事や重ね葺き工事は脱着が必須になります。

(3)雪止めの取り付け位置と周囲の状況

葺き替えや重ね葺きをすり場合は、既存の雪止め金具の取り付け範囲を確認しましょう。

新たな屋根材が既存屋根より滑りやすい材質の場合は、2段や3段にしたり、範囲を広げたりすることもあります。

屋根の現地調査には、まだ細かい箇所があります。次回にお伝えしていきます。

このようなことに注意して現場調査を行っております。

しっかりとした劣化診断とどのように改善したらよいかを、お見積書と一緒に劣化診断書(写真付き)でお届けいたします。