多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 寒い冬におきる悩みを解決いたします!<結露のない窓に改善>

寒い冬におきる悩みを解決いたします!<結露のない窓に改善>


これからの季節は、ますます寒くなってきます。朝晩の温度差が激しく、温度調節がしにくい時期になります。また、お家の建物の中にいても、どこからともなくスースーと風が入ってくる感じがします。冬場の悩みの一番多いのは、窓の結露拭きです。

皆さんも毎日やっていることだと思いますが、凄いイヤな悩みです。

毎日、窓の結露を拭くのは、とても面倒です。結露はほっておくと、カビの発生や窓まわの柱を腐らせる原因になることもあります。

結露は、おもに室内外の温度差によって発生します。そのため、窓から逃げる熱を抑え、外の冷気を遮断する複層ガラスを窓に使用すると、結露が抑えられることになります。

サッシがアルミ製だとサッシ部分が結露することになります。

 

樹脂×複層ガラスを組み合わせた窓は結露を防ぎます。

そこで注目したいのが、樹脂素材のフレームです。樹脂の熱伝導は、なんとアルミの約1000分の1なのです。断熱性に優れているので、ほとんど結露が発生しません。この樹脂製のフレームに複層ガラスを組み合わせれば、断熱性能が大幅にアップします。結露の悩みが改善されますね。

 

まだまだ寒い日が続きますので、窓の結露の問題は、欠かせないことです。是非、今この時に考えてみては、いかがでしょうか?

詳しいことが知りたい方は「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」までお問い合わせください。

お電話お待ちしております。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に