多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ガードラックアクア


今、ガードラックアクアを使用している現場があります。

2Fの面が木部を使用しています。

その面を黒く塗りつぶしています。

が、なかなか黒くなりません。

何故?

以前使用していた塗料がステインには変わりありませんが、多分、油性を使用していたものと思われます。

何度、水性系のガードラックアクアを使用しても、黒くならない?そんなことはないでしょう

木部の板が15センチ幅で貼られています。その木部の目地にまで、キチンと塗料が入っていない、

それが原因の一つです。

今日は、その木部の縦目地に、刷毛ですべての縦目地に、ガードラックアクアを塗りこみました。

太陽が当たると、光の加減で、黒い色も白く見えます。

光の関係とは、むつかしいなと思います。

ですから、光が当たる箇所、面、は特に意識して、塗りこみました。

しかし、塗りこんでない目地も結構、あったのには、驚かされました。

職人さんが、一生懸命、塗った塗った、何回塗るんだと、凄い勢いで言ってきたにも関わらず、塗りこんでない箇所もあるもんだと!

人間の思い込み、それは、素晴らしい時もあれば、こういった勘違いをも引き起こす時もあるんだなと思いました。

今日は、この作業で一日を終えました。

お客様良しの観点からいうと、お客様が納得しない場合は、何度でも、やるしかないという気持ちです。

そのうちに、板も、真っ黒色になります。

そこまでやるんかいという人もいるかもしれません。

ですが、私はやります。

今回、この目地の塗りこみをやりましたが、案外、早く、やれるもんだなと思いました。

お客様にとっては、いつまで、掛かっているんだと思われる方もいると思います。

だから、スピードをもって、仕上げるということ、大事だと思います。

今日は、それに少しでも、近づけたかな?

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に