多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

瓦屋根には、塗装は出来るの?出来ないの?


瓦屋根は、昔から瓦と呼ばれており、無機質材料なので材料として半永久的に使うことが出来る理想な屋根材です。無機質材質ですので、塗装工事は不要なイメージがある方も多いと思います。しかし、瓦屋根に塗装を行うことでメリットを生み出すことが出来ます。

衝撃により発生した損傷をカバーできます。

瓦は動きやすく衝撃に弱いデメリットがあります。瓦が動いてしまったことで受けてしまった欠損を塗装でまかなうことが出来ます。ひび割れ程度の軽度な欠損であれば、塗装により塗膜を掛けることで簡単に埋めることが出来ます。

瓦の色褪せなどの色合いの不具合を改善します。

瓦は半永久的素材ですので、塗装を行わなくても素材的には劣化はしません。しかし、残念ながら色褪せは発生してしまいます。経過年数によって、色合いがどんどん悪くなってしまいますので、瓦の古さを発揮させてしまいます。そのため、一度塗装を行うと頻繁に塗り替えを行わなければならない場合もあります。瓦屋根の塗装に富んだ塗装業者に塗り替えをお願いすると、強固な瓦屋根の塗膜を作ってくれます。

瓦屋根塗装の際に費用が高くなってしまいます。

瓦屋根は凹凸が激しい屋根ですので、高圧水洗浄等、様々な手間が掛かってしまいます。そのため、板金などの屋根の塗装と比べると少し費用が高上りになってしまいます。いくつかのデメリットもあります。陶磁器瓦に塗装工事を行うことは、やがて必要な時期が必ず訪れます。塗装工事をうまく行うことで陶磁器瓦を末永く使い続けることが出来ます。これらのデメリットも払しょくさせることが出来ます。

瓦屋根のメンテナンスは塗装のメンテナンスが一番です。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に