多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • HOME 
  •   > コラム > 当社、日成ホームが行った塗装の現場の施工事例を全部、漏れなく...

当社、日成ホームが行った塗装の現場の施工事例を全部、漏れなく、必ず入れる方法はありませんか?


日成ホームが、当社が行った塗装の現場は毎月、10件から15件はあります。

多い時では20件を超えるかもしれません。

その施工事例を必ず、忘れずに、漏れなく、必ず、全件数、ホームページに入れる方法はありませんか?

あります。

毎週月曜日に行っているミーティングを利用して、新たに始まる現場の施工事例を入れるのです。

その段階で入れれる箇所を入れていくのです。

タイトル、ディスクリプション、使用塗料、市区町村、施工内容、工事のきっかけ、

ビフォアの写真、使用材料、築年数、保証年数、建坪、など入れれる箇所をその時に入れるのです。

工事のきっかけや、ディスクリプションは記憶が新しいほど、入れやすいですし、事実に沿った内容を入れることができます。

後から、思い出しながら入れるというのは、非常に厄介です。

記憶とイメージが合っていないと、なかなかスンナリとはいきません。

そういった意味では、最初のとっかかりが入っていると次の行動が本当に取りやすいし、入りやすいです。

また、漏れが生じることなく、全部の現場を間違いなく、スムーズに入れることができます。

日成ホームの塗装の施工事例は、私が責任をもって全部入れていくようにします。

その時に、大工工事や板金工事なども入れていくようにすれば、当社がやっているにも拘わらず、もっと依頼を増やしたい田策にもなるかもしれません。

最初のとっかかりが入っていれば、後は、施工中の写真に沿って文章を入れるだけです。

お客様は施工事例をまず見られるとのことです。

その見る回数の多い施工事例を増やすことがホームページの成功を決める可能性が高いです。

やりましょう、次回のミーティングから、実行に移しましょう。

街の外壁塗装やさん多治見可児店は、日成ホームが運営しています。

日成ホームには、多治見ショールームと恵那ショールームがあります。

恵那のショールームは、恵那市、中津川市を主体に

多治見ショールームは、多治見市、土岐市、瑞浪市を主体に活動しています。

お気軽にお越しください。

お待ちしております。