多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

外壁塗装の下塗り中塗り上塗りの役割と必要性


外壁塗装をおこなうさい、下塗り塗装、中塗り塗装、上塗り塗装をおこないます。その役割と必要性は何でしょうか?外壁塗装の基本は下塗り塗装、中塗り塗装、上塗り塗装の3回塗りが基本となっています。どの工程も塗装後の美観や耐久性を左右する重要な工程となっております。日成ホームでは、下塗り塗装を2回おこない、下地材に塗料が吸い込まれるのをしっかりと抑えます。下塗り塗装、中塗り塗装、上塗り塗装と塗り進めていきます。全部で4回塗ります。

まず下塗り塗装は上塗りを長持ちさせて、きれいに仕上げるために必要不可欠な作業です。下地と塗料の密着を高めるためにおこないます。上塗り材は、耐候性や低汚染性、防カビ、防藻性などの機能をもていますが、密着性に欠けます。そのため、接着剤のような役割を持つ下塗り材が必要となります。中塗り塗装と上塗り塗装には同じ塗料を使用します。塗装は人の手でおこないます。そのため、1回の上塗りでは薄い部分やかすれた部分ができてしまうので、上塗りの2回目をおこなうことによって、きれいに仕上げることができるのです。耐久性の面でも、美観の面でも必要な作業となります。中塗りは上塗り塗装1回目と表減数る場合もあります。中塗り塗装=上塗り塗装1回目です。