多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

ひなたと日陰でお家の劣化の症状が違うのはなぜ?


同じお家でも劣化する速度は、場所によって違います。日の当たる場所と日陰では症状が違います。また、住んでいる場所や環境にもよって違いますし、お隣のお家でも、劣化具合は違ってきます。年数ばかり気にするのではなく、お家の症状をよく見て、塗装が必要かどうか判断されるとよいでしょう。

お家で特に紫外線の影響を受けやすいのは、日がよく当たる南側です。色があせてきて(色が薄くなってくる)手で触ると、チョークの粉のようなものが手に付くチョーキング現象の順に劣化が始まっていきます。チョーキング現象が起きるということは、建物の防水性が失われているサインでもあります。放おっておくと、建物内部に雨水がしみこんでし舞う可能性があります。また、サイディングのつなぎ目のシーリングにもひび割れが発生するので注意が必要です。

建物の北側はどうでしょうか?日の当たらない北側はコケや藻が発生しやすくなります。塗膜の劣化によって、外壁の防水性が低下すると、外壁の表面にカビや藻が発生しやすくなります。カビや藻が発生すると、ほかの場所よりも多く水部を浴びているため、塗膜も劣化しやすい状態となっています。

塗装する際は、劣化が進んだ既存の塗膜は剥がれの原因となってしまうので、高圧洗浄できれいに洗い流してから塗り替えをおこないます。シーリングも新しいものに打ち替えをします。コケや藻などの菌類は、高圧洗浄をおこなう時にバイオ液を入れて、バイオ洗浄で殺菌します。数年たつと、またコケや藻が発生する可能性があるので、塗料には防カビ材を入れて塗り替えをおこなっています。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に