多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 高耐久シーリング材で目地を長持ちさせてお家の外壁を守ります

高耐久シーリング材で目地を長持ちさせてお家の外壁を守ります


外壁塗装には、欠かせないとても重要な目地シートング材があります。塗装のリフォームを施工する時には、必ず目地シーリングの打ち替えを行うことです。目地シーリングは、新築時からでも3~5年くらいから劣化・損傷が始まります。とても大事な役割のシーリング材をお伝えしたいと思います。

シーリング材には、特徴があります。

①経年劣化で硬くなります。柔らかくして形を変えやすくするための「可塑剤」が硬くなり、切れや劣化の発生を促進させてしまいます。

②シーリング材の種類によって耐久性に違いがあります。

③高耐久性であるシーリング材があります。

日常紫外線などのダメージを受けているシーリング材は、劣化するとひび割れが発生してきます。

そのため、塗装リフォームを施工する際には、高耐久そーリング材には、紫外線や雨に対する強さ、耐久性の違いが求められます。

日成ホームでは、オートン化学のオートンイクシードで施工していきます。

メーカーさんが言うには、30年は大丈夫とも言われる最高級のシーリング材のオートンイクシードですね。

 

洗浄した後に、目地シーリングの打ち替えを施工していきます。既存の古くなったシーリング材をきれいに撤去していきます。目地シーリングの打ち替えは、2面接着工法で丁寧に施工していきます。しっかりとシーリング材のオートンイクシードを充填して施工します。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に