多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

塗り替えの塗料選びのポイント


塗料の成分は顔料・添加物・合成樹脂といった3つの成分からなっています。顔料は色や艶を決めます。添加物は塗膜を均等にし機能を持たせる役割を持っています。合成樹脂は、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素と大きく4つの種類に分けられます。合成樹脂は塗膜を作る主原料であり、耐久年数にもかかわってきます。塗料は薄める液体によって水性と油性塗料に分類されます。水性塗料は、水を混ぜて使用します。最近では高耐久商品も出てきました。油性は、シンナーなどを用いていますので、臭いがありますが、塗料の密着性が高いです。水性は価格が安くて臭いもありません。油性は、価格は高めで、耐久性が高いです。水性にも油性にも1液型と2液型があります。1液型は、1つの缶で塗れるので手軽ですが、保管がしにくく塗る場所が限られます。2液は、手間がかかるが耐久性があり、施工が大変ですが、密着性に優れていて仕上がりが美しいいです。最近では、耐久性を高めて、防染・防水・断熱など様々な機能を持ち合わせた塗料もたくさんあります。塗料は耐久年数や性能により価格も大きく違います。コスト重視で考えてしまうと、メンテナンスのために何度も塗り直しが必要となり、そのたびに、足場を設置して足場代が発生し塗り替えとなると、結果高くついてしまいます。多少コストが高くついても耐久性の高い塗料をおすすめします。塗り替えのサイクルや、塗料の性能、コストなどを考慮して、塗り替えの塗料を選ぶといいですね!

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に