多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

なぜ、バルコニーの笠木回りからの雨水の侵入が多いのか?


我々の現場でもバルコニーの笠木回りからの雨水の侵入による雨漏れが非常に多いです。何故でしょう?笠木がかぶさっていますので、下地材の腐朽に気が付きにくいです。気が付くころには下地材が腐っていることが多いです。大がかりな改修工事を必要とします。

手すり壁からの雨水の侵入が多いのは何故でしょう?

手すり壁の納まりには、2つの問題があります。

一つは、笠木にサイディング材を裏返しにして天板に取り付けているケースが多いことです。

サイディング材の裏面は防水処理がしてありません。

溜まった水が内部に侵入する恐れがあります。

なぜ、サイディングボードを裏張りに使用するんでしょう?

それは、破材を使用しているのです。他の場所に使用したサイディングボードの残り板を使用するのです。

経費の削減にもなります。笠木をかぶせてしまえば、わかりません。

また、天板にサイディングを張ると強度が増し、工事中に職人さんが踏んでも安心だということもあります。

ですが、天端の裏張りサイディングは原則禁止になっています。

また、通気層をふさぐサイディングの水平使いは行わない、と明示はしてあります。

ですが、天端の納め方については、標準の納まりが、いまだに確立されていないのが実情です。

そういった理由からです。

かないませんね。

もう一つは、手すり壁内部が密閉されているということです。

裏張りしたサイディング材と外壁のサイディングボードとの間をシーリング材で充填して、完全に内部を密閉しているのです。

普通は皆さん、そうしますよね、外部から雨水が侵入しないようにすれば長持ちすると考えます。

この場合、どこからか雨水が侵入した場合、逆に湿気が抜けにくくなります。

その為に透湿防水シートにシミが生じたり、透湿防水シートが剥がれたりしてきます。

それも外部からはわかりません。

内部の下地材が腐ったり、腐ってサイディングボードの強度が弱って、寄りかかると破損したり倒れる場合もあります。

そんな状態もわかりません。危険ですね。

あと、よくあるのが脳天釘打ちです。

横から打つのが普通ですが、天板に釘を打って固定してある場合もよく見かけます。

これは、いけません。

また、笠木と笠木との継ぎ目に隙間がある場合もよくありません。

こういった隙間からも雨水の侵入が多いです。

気を付けましょう。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に