多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

いつも街の外壁塗装やさんをお引き立てくださり誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら現在「街の外壁塗装やさん多治見・可児店」はリニューアルのため工事の受付・お問い合わせを一時休止させていただいております。

ご利用のお客様には大変ご不便をお掛けし申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

今後もぜひご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。

上記に関してはご質問・お問い合わせはいつでもお気軽にご連絡ください。
街の外壁塗装やさん運営本部

03-3779-1505(平日9:00~18:00)
info@jacof.co.jp
(株式会社JACOF)
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

セメント瓦に最適なリフォームの特徴と注意点です


お家の屋根には様々な屋根材があります。セメント瓦は、セメントに砂を混ぜて成型した後、乾燥させて表面を塗装した瓦の事です。塗膜が劣化・損傷すると雨水がセメントに浸み込み、傷みが激しくなります。10年くらいで塗装が必要になり、軽量瓦への葺き替えも多いです。

セメント瓦屋根のリフォームは、塗装OK・重ね葺きNO・葺き替えOKです。

セメント瓦は、洋風の家にも和風の家にも用いられています。

その形状も様々で、凹凸が大きい形状の場合は、ローラー塗装ではうまく塗装出来ないことがあります。その場合は吹き付け塗装で施工することもあります。吹き付け塗装の時には、隣家に塗料が飛散しないように注意して施工することです。

セメント瓦と間違えやすいコンクリート瓦があります

セメント瓦にとても似ているコンクリート瓦があります。

とても困るのはしっかりと見極めていないと、塗装を行う際の下塗り材のシーラーの違いがあります。

セメント瓦:瓦の小口滑らかなである

コンクリート瓦:瓦の小口凸凹(デコボコ)である

この2点をしっかりと把握して塗装の時の下塗り材を決めることです。

漆喰部分の点検もとても重要になってきます。

漆喰とは、瓦の隙間を埋める、接着剤のような働きがあります。隙間を埋めることで、雨水の入り込みや、鳥が入り込まないようにしています。漆喰は定期的にメンテナンスが必要になります。