多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 春日井市出川町で4年前に塗装をした外壁の塗膜が膨れてきていま...

春日井市出川町で4年前に塗装をした外壁の塗膜が膨れてきています。


春日井市出川町のお客様からお電話を頂きました。4年前に外壁、屋根の塗装をさせて頂いたお客様からです。早速、現場に足を運び現状を確認させて頂きました。外壁のモルタルにプックリと膨れが見られます。同じ膨れがあちらにも、こちらにも3か所見られます。

水がどこから入ったのかということです。

最近、こういうタイプの造りの家が増えてきてます。

片流れタイプの屋根の庇の出幅が全くないタイプです。

屋根が切れたところの下には、もう外壁があるというタイプです。

昔の人にはいろんな、アイデア、知恵がありました。関心させられますね。

今は、そういう昔の人の知恵がカットされてきてます。

その分、こういった不具合が起きています。

こういった不具合が起きた場合には、その膨れている箇所をカッターでカットします。

膨れているということは、下地とは密着していません。

膨れをおこしている原因の水をまずは抜かなくてはいけません。

膨れを起こしている部分の塗膜をカッターでカットします。

水を抜いても、このように一度下地と離れた塗膜は元には戻りません。

ですから、カットして撤去します。

その後に又、乾燥した後に新しい塗料で塗膜をかぶせます。

その作業を繰り返すことになります。

こういう構造の家は今回、補修をしたとしても又、膨れが起きる可能性があります。

昔の家には、いろんな知恵があります。

屋根は壁全体をゆったりと覆い、壁に当たる水の量を減らしてくれます。

壁は、雨水が当たる量が減る分、雨漏れからも守られます。

窓の上には庇があり、窓を開けても雨水は窓の中には入ってきません。

こういう知恵が一杯詰まっています。

これが全く無くなってきてます。

屋根の庇の出が無い、窓の上には庇すらありません。

残念ですね。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に