多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 耐久性抜群!夏は涼しく冬は温かい、断熱性・遮音性も優れた「粘...

耐久性抜群!夏は涼しく冬は温かい、断熱性・遮音性も優れた「粘土瓦」です


屋根のリフォームを施工するには、屋根の現地調査がとても重要になってきます。調査する屋根材の特徴を踏まえたうえで対処方法が異なってきます。屋根材の特徴と注意点についてお伝えしたいと思います。

①粘土瓦(和瓦)

<粘土瓦(和瓦)>

粘土を成形して焼き固めた瓦です。耐水性・防水性に優れ、色褪せはしません。しかし、重量がある為耐震目的で軽量瓦に葺き替えることが多きなってきました。粘土瓦は、ほかに洋瓦(S型瓦とF型瓦)があります。

<リフォームの方法>

①塗装✖ ②重ね葺き✖ ③葺き替え〇

<漆喰部分の点検>

漆喰は、瓦の隙間を埋める、接着剤のような役割があります。隙間を埋めることで、雨の入り込みや、鳥や小動物が入り込まないようにしています。瓦自体はメンテナンスは不要ですが、漆喰はメンテナンスが必要になります。定期的なメンテナンスしないと、瓦のズレや雨漏れの原因になってしまいます。

<瓦の割れ・ズレの点検>

瓦の割れやズレ、止めてあるビスの浮きの確認を必ず行います。揺れなどで瓦がずれると雨漏れの原因になり、お家の建物の野地板の腐食にもなるからです。

 

瓦の種類によって様々なリフォームの方法があります。我が家のお家の屋根を知っておくと、大切な我が家の建物を守ることが出来ますね。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に