多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ
  • HOME 
  •   > コラム > 寒い冬は50%は熱が窓から逃げてしまいます、断熱窓でリフォー...

寒い冬は50%は熱が窓から逃げてしまいます、断熱窓でリフォームです


これからの季節、冬の到来です、といってもまだまだ温暖化でさほど寒くない日が続きます。一枚ガラスだと、冬の暖房時でも約50%以上もの熱が窓から外へ流れてしまいます。また夏の冷房時には過度の開口部から熱が入り込むのは70%以上になるとのことです。不必要なエネルギー消費を防ぐには、窓から逃げる熱を少なく抑えることがとても重要になります。そのためには、外気の影響を受けにくくする「断熱窓」にして見てはいかがでしょうか?

断熱窓選びポイントです

□サッシはアルミより樹脂が良いです

サッシに使われる素材にはアルミや樹脂があります。アルミは軽くて腐食に強いが熱を通しやすいデメリットがあります。それに対し、樹脂の方は熱を通しにくく、アルミの1000倍もの断熱性が高いのです。

□アルミと樹脂の複合サッシもあります

強度や耐久が求められています。室外側はアルミを使用して、室内側には樹脂を使った複合サッシがあります。断熱性は樹脂サッシには及びませんが、軽くて価格も安いです。

□ガラスは1枚より2枚、2枚より3枚がより良いです

単板ガラスより複層ガラス、複層ガラスよりトリプルガラスと多層になるほど断熱性がアップします。ガラスの間の中空層が厚いほど断熱性が高くなります。中空層は空気→アルゴンガス→クリプトンガス→真空の順に断熱性が高くなります。

□樹脂サッシ+複層ガラスなら熱の流出が70%減ります

「アルミサッシ+単板ガラス」の窓を「樹脂サッシ+複層ガラス」に交換すると、熱の流出が70%以上抑えられます。冷暖房費を節約でき、冬の結露の発生も抑制できます。

これからの季節、もっと寒くなりますね。断熱窓に交換してみては?

詳しい内容を知りたい方は、日成ホームまでお電話ください。お待ちしております。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に