多治見、可児の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん多治見・可児店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

街の外壁塗装やさん多治見・可児店

〒507-0048

岐阜県多治見市池田町5-28-1

TEL:0120-976-318

FAX:0572-24-4012

おかげさまで多治見市や土岐市、可児市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-976-318

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

中津川市西宮町で、屋根のカバー工法の見積もり依頼です。


中津川市西宮町にて、屋根のカバー工法の見積もり依頼です。屋根の「重ね葺き」とも呼ばれるカバー工法は、スレート瓦や金属屋根、シングル屋根のような凹凸の少ない屋根のリフォームに最適なカバー工法です。ここで、屋根のカバー工法のポイントをお伝えします。

屋根のメンテナンス時期

中津川市、屋根の色褪せ

<色褪せ>

雨風や紫外線などにより表面が劣化して起きる現象です。

屋根全体にカビやコケ発生

<カビ・コケの発生>

屋根材の表面の劣化により、雨水が染み込んで起きる現象です。

屋根の破損部分の補修

<ひび割れ>

水分付着と乾燥の繰り返しや、地震の揺れなどで起きる現象です。

屋根のカバー工法とは

既存の屋根材を残して、その上に新規の屋根材を葺く工法です。

スレート屋根や金属屋根、シングル屋根のような凹凸の少ない屋根のリフォームに用いられます。

新築時には、スレート屋根を葺くケースが一般的になっています。

そのリフォームの方法のひとつとして、葺き替えよりもコストや工期を抑えられる工法として多く広まりました。

また、既存のスレート屋根に含まれるアスベストが解体時に飛散するとして、問題になったこともカバー工法の普及に繋がりました。

施工方法は既存の屋根の状況から、

①築20年くらいで、屋根の下地が傷んでいない場合は、既存の屋根材の上に直ぐに防水下地材を施工し、新しい屋根材を施工する方法があります。

②屋根の下地が古くなった場合は、既存の屋根材の上に新たに野地板(コンパネ)を施工してから、防水下地材、新しい屋根材を施工する方法があります。

 

この2つの方法で、特に気を付けなければならないことは、年数だけで判断しないことです。

雨漏りで下地が傷んでいるなど、下地に問題がある場合もあるので、築年数が浅くても葺き替えなければならないこともあります。

しっかりと現場調査を行って、リフォーム方法を見極めることが大事になります。

多治見市、土岐市、可児市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん多治見・可児店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone0120-976-318
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん多治見・可児店に